To fly by yourself

一人で飛ぶために

セーフティマニュアル

基本的にスカイダイビングは危険なスポーツである。しかしながら大変楽しいスポーツでもあります。スカイダイビングを楽しんで続けていくためには、危機意識を持ち、常に安全に配慮することが必要です。個人個人の意識とともに、仲間とのコミュニケーションを良くとり、より安全に楽しいjumpを楽しみましょう!! この冊子を見ることにより、意識の向上、ジャンパー同士のコミュニケーションの手助けとなれば幸いです。

上空写真

上空写真

ロードボード

各ロード毎にロードマスター(ジャンプマスター)を決め、ランディングの入り方、順番を記入する。各自、自分のウィングロードの値を記入する。(ウィングロードの出し方参照)高度なキャノピーパイロッティングをする者はCP欄に

をする。
ロードボード

体重計(ポンド計)

体重計(ポンド計)
ウイングロードを求める為にポンド計がおいてあります。
ウイングロードの求め方
ギアアップをし、上空に持っていくものすべてを持ち、ポンド計に乗る。自分のキャノピーのサイズで全重量を割って求める。

【例】
ギアアップ重量150 ÷ キャノピーサイズ120 = 1.25(これがウイングロード値)
※値が大きいほど沈下が早い

ランディングの順番

EXITオーダー、オープン高度、ウイングロードおよびキャノピーの性能を加味して決める。あくまでも、予定の順番なので、その場に応じて各自他のキャノピーの位置を確認し、充分な高度差を保てるように降りること。

ギアアップ

ギア、アルチメーター、ゴーグル、ヘルメット、ジャンプスーツ、グローブ。 ギアチェック!!
ギアアップ

主なチェック項目!

チェストストラップ
チェストストラップ
しっかり通して締めてあるか
リーリング、RSL
スリーリング、RSL
きちんとしているか
レッグストラップ
レッグストラップ
左右均等に締めてあるか
ゴムはおろしてあるか
カッタウェイハンドル、リザーブハンドル
カッタウェイハンドル、
リザーブハンドル

しっかりしているか
ピン
ピン
奥までしっかり刺さっているか
キルラインの場合はちゃんとひいてあるか
リザーブピン
リザーブピン
ピンが奥まで刺さっているか、
封印(シール)されているか
(糸が切れてないか)確認する

ギアチェックポイント(正しい状態と悪い状態)

○ 正しい状態 × 悪い状態 解説
チェストストラップの正しい状態 チェストストラップの悪い状態 チェストストラップ
しっかり通してないと締めた状態にはならなく、
緩んでしまいます。
レッグストラップの正しい状態 レッグストラップの悪い状態 レッグストラップがねじれている。
位置-(4)
ハーネスの正しい状態 ハーネスの悪い状態 ハーネスのねじれや折れがないように。
○ 正しい状態 × 悪い状態 解説
レッグストラップの正しい状態 レッグストラップの悪い状態 レッグストラップは左右均等に締めること。
レッグストラップの正しい状態 レッグストラップの悪い状態 レッグストラップのゴムはきちんとさげる。
カッタウェイハンドルの正しい状態 カッタウェイハンドルの悪い状態 カッタウェイハンドルはちゃんとした位置に
しっかりとつかめる状態にして、
自分で握って確認する。
○ 正しい状態 × 悪い状態 解説
リザーブハンドルの正しい状態 リザーブハンドルの悪い状態 リザーブハンドルの向きは
ただしくベルクロで固定する。
実際に握って位置を確認する。
Pinの正しい状態 Pinの悪い状態 Pinの根本までクロージングループをとおす。
アルチメータの正しい状態 アルチメータの悪い状態 アルチメータはちゃんと「0」にしておく。

機体への乗り込み

ヘリコプターに近づくとき ヘリコプターに近づくときは、
決して後方から近づかないこと!!
乗り込み前にギアチェック 乗り込み前にギアチェック!!
pinチェック! リザーブチェック!
忘れ物のないように!!
・アルチメーター
・ゴーグル
・ヘルメット
乗り込んだらシートベルト着用!! 乗り込んだらシートベルト着用!!
1,500ftまでレッグやチェストストラップに通して
固定する。

カッタウェイ・リザーブ

カッタウェイは1,800ftまでに決断し、1,600ftまでに実行することが基本である。ひとつひとつの動作をあわてずに確実に!!カッタウェイハンドルはめくるようにしてベルクロをはずし、必ず引き抜くことが大事である。リパックの際に自分のギアのカッタウェイハンドル、リザーブハンドルを実際に引いて確認してみましょう。
カッタウェイハンドル
カッタウェイハンドル
→ 握る
握る
→ めくる
めくる
→ しっかりと引き抜く!
しっかりと引き抜く!
リザーブハンドルを見る・握る
リザーブハンドルを見る・握る
→ 握る
握る
→ しっかりと引き抜く!
しっかりと引き抜く!
Go Top