お申し込み Mobile:090-8492-1250 Phone:0282-62-5390 webmaster@skydivefujioka.jp
dot
HOME オフィシャルブログ
dot
クラブ案内&紹介体験(タンデム) スカイダイビング一人で飛ぶために卒業後のライセンス取得に向けて上級者を目指してスケジュール

1人で飛ぶために[地上講習テキスト]
A.F.F.(アクセルレイテッド・フリーフォール)
ケネス・F・コールマン
 AFF教練の開発者は、ケネス・F・コールマン・ジュニア氏である。彼のスカイダイビング人生は、1970年代に急激な進展を遂げた。
 1969年、彼はミシガン州のカラマズーにあるクラブでスカイダイビング界に足を踏み入れた。1973年、彼は教え子たち3人と大会出場をめざし、4Way-RWのチーム“レインボー・フライヤーズ”を作った。チームは1974年,1976年と国内選手権や、ワールドカップで優秀な成績を収めた。1975年、彼らは初のRW選手権で、4Wayのゴールドメダルを獲得した。同年、全米選手権でも勝利を手にした。
 勝利者としてその地位を保有している三年の間に、コールマン氏とチームの面々は、DZ(ドロップゾーン=スカイダイビング場)を開き、自分たち練習と同時に初心者の育成にも努めた。
 その後、コールマン氏はパラシュート業界で生計をたて始めた。スチューデント・トレーナー・タンデム(ピギー・パック)の開発をした会社(2社)に在籍し、数々の開発分野に貢献した。そしてその頃、彼はスカイダイビングのテクニック増進に大いに役立つ新しい初降下練習用プログラムを開発しなくてはならないと考えた。
 プログラム作成に着手して間もなく、コールマン氏はUSPA(United States Parachute Association)の取締役陣から、「全ての研修生はスタティックラインジャンプを最低5回はしなくてはならない。」という規定の特殊ケースにおける免除を得た。
 そして1980年の終わりには、Gary Dupuis,Hoot Gibson,Rocky Evans,T.K.Donle,Charlie Kinlin,John Robbins 等の協力により、アクセルレイテッド・フリーフォール・プログラム(AFF)が完成した。このプログラムにおけるインストラクターやジャンプマスターの育成は従来の様な通信教育では不可能であった。規格化されたコースを終え、資格を与えなければならない。しこでコールマン氏は、UPSAによる依頼のもと、全米の各DZ(ドロップゾーン=スカイダイビング場)をまわり、AFFによるインストラクターとジャンプマスターの育成をはかり、DZ自体をも指導し、このプログラムの普及と、その浸透に努めた。
 1981年 8月、コールマン氏は気球の事故でこの世を去った。しかし、このAFFプログラムは生き残った。彼の熱意と情熱は多くの人々を十分に感動させたと共に全米だけでなく世界中のスカイダイバー育成に多大なる貢献を果たしたのである。
特定非営利活動法人スカイダイブ藤岡 〒323-1104 栃木県栃木市藤岡町藤岡1837Copyright © 2008 Skydive Fujioka. All Right Reserved.